プライバシーポリシー

お客様が、当ウェブサイトを利用する場合または商品の購入をする場合、下記「お客様情報の取扱規定(プライバシーポリシー)」を熟読のうえ、内容に同意していただく必要があります。なお、ご同意いただけない場合は、商品の購入ができません。
1. お客様情報について
お客様情報とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、その他の記述等により特定の個人を識別することが出来るものを言います。これには他の情報と照合することが出来、それにより特定の個人を識別できる事となるものを含みます。
2. お客様情報の利用目的について
当方は、(1)売買取引における当方の債務を履行するため、(2)売買取引におけるアフターサービスを実施するため、(3)お客様に特別なサービスや新商品等をご案内すること、又は、(4)前記(3)のご案内のため、メールマガジン・DM・各種お知らせ等を送信・送付することを目的とし、お客様情報を利用させていただきます。これらの利用目的以外には、下記3に記載する場合または事前にお客様に同意をいただいた場合を除き、利用致しません。
3. お客様情報の第三者への委託について
当方は、利用目的の達成に必要な範囲内において、お客様情報の全部又は一部を委託する場合があります。
4. お客様情報の第三者への提供について
当方は、事前にお客様の同意を得ることなしでお客様情報を第三者に提供しません。
5. クッキーの使用について
本サービスは、お客様のコンピュータの記憶装置に、「クッキー」と呼ばれるテキストファイルを送付し、保存・利用させていただくことがございます。「クッキー」を使用する事により具体的には、例えば、興味をお持ちであろう分野のコンテンツを表示する事ができるというメリットがあります。お客様は、「クッキー」を受け取る前にブラウザが警告を出す様に設定しておく事により、お客様の判断で「クッキー」を受け取る事を拒否できますが、本サービスがご利用になれない場合があります。
6. お客様情報のお問い合わせについて
当ウェブサイトの特定商取引法に関する表記内にある「事業者の名称および連絡先」までご連絡ください。もしくは、ストアページ内の【お問い合わせフォーム】への請求により、電子メールにて遅滞なく連絡先等を提供いたします。

○ プライバシーポリシーの変更
本ポリシーの内容は,法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて、ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。
当社が別途定める場合を除いて,変更後のプライバシーポリシーは、本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

 

○個人情報の開示
当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。なお,個人情報の開示に際しては,1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。
本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
その他法令に違反することとなる場合
前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。

○個人情報の訂正および削除
ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正,追加または削除(以下,「訂正等」といいます。)を請求することができます。
当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正等を行うものとします。
当社は,前項の規定に基づき訂正等を行った場合,または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく,これをユーザーに通知します。

○個人情報の利用停止等
当社は,本人から,個人情報が,利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由,または不正の手段により取得されたものであるという理由により,その利用の停止または消去(以下,「利用停止等」といいます。)を求められた場合には,遅滞なく必要な調査を行います。
前項の調査結果に基づき,その請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の利用停止等を行います。
当社は,前項の規定に基づき利用停止等を行った場合,または利用停止等を行わない旨の決定をしたときは,遅滞なく,これをユーザーに通知します。
前2項にかかわらず,利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって,ユーザーの権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は,この代替策を講じるものとします。